二次会での演出

結婚式の二次会に昨日参加してきました。幼少のときからの友達ということで結婚式と披露宴からの参加だったのですが、今回は二次会での演出について書いてみます。

まず新郎新婦入場の前に披露宴のときにも使ったプロフィールビデオです。二次会から来る人も多くいたので、その人たちのための演出ですね。

新郎新婦入場の後、乾杯→歓談と続き余興の演出の時間になりました。やった演出はというと、新郎がくじを引き当たった人が即興でスピーチや歌を歌うというものです。

どういうことか説明します。新郎の前にくじ引き用のボックスが三つ並んでいます。一つ目のボックスには二次会の参加者の名前が書いてあるくじが入っています。二つ目のボックスにはスピーチ、歌、モノマネ、一発芸と書いてあるくじが入っています。三つ目のボックスにはDSやアイポッドなどの景品名が書いてあるくじが入っています。新郎が名前と行動のくじをひき当たった人がその行動をし、最後にくじをひいてプレゼントをもらえるという演出なのです。

これは正直なかなかハードルが高かったですね。このアイディアを考えた人はなかなかのものです。スピーチや歌ならともかく、モノマネや一発芸なんて急に言われても出来ないですからね。結婚式の演出でまさかそんな余興があるとはという感じです。私はあたらないようにひたすら祈っていました。(笑) 実際当たってしまった人もサプライズの指名に戸惑っており、はじめるのに時間がかかっていましたし、モノマネや一発芸をしても爆笑をとれたわけではありませんでした。世界のナベアツの3の倍数のときにアホになる芸をやっている人もいましたが、普通に間違っていましたし(笑)

そんな中一人気を吐いていたのが私たちのグループのKくんです。モノマネを当ててしまい、まわりはひやひやしていましたが、見事に森山直太郎の歌を物真似で歌っていました。会場もそれまではざわざわしていましたが、静かになりみんなKくんに注目するような状態。これでこの演出もしっかりまとまりましたね。ちなみに景品はファミコンだったようです。

この演出は結婚式の二次会としては諸刃の剣ですが、友人に芸達者な人が多いのであればこんなのもありなのかもしれませんね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。