新郎新婦の紹介を自分達で行う

結婚式の最初に司会から新郎新婦の紹介が入りますよね。その紹介を司会ではなく、新郎新婦がお互いを紹介するという演出です。

司会者ではなく新郎新婦がお互いのことを紹介するという演出のよいところは、やはりその人らしさが伝わると言うことでしょうね。お互いのことを一番良くわかっている二人だからよい紹介ができるというのがこの結婚式演出の特徴です。

このような演出をされる場合は例えばこのような構成はどうでしょうか。名前、人柄・性格、仕事、趣味、出会ったきっかけ、好きなところ。これに加えて結婚してからのお願いや直してほしいところなども加えていくとユーモアがあって暖かい演出になるのではないでしょうか。

司会者が紹介をやってしまうとどうしても、新郎新婦を落として笑いをとるという演習をしにくいですからね。この結婚式演出にはこのような利点もあるのです。

アットホームな結婚式にしたいという方には、ぜひおすすめしたい演出です。
タグ:新郎 新婦 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。