ウェディング新聞

wedding.JPG


ウェディング新聞

ウェディング新聞とは、芸能人が結婚を発表した時のスポーツ紙などのように、新郎新婦を主人公にして作る遊び心たっぷりのパロディー新聞です。

結婚式や二次会って、友人の新郎はよく知っているのだけど、新婦のほうは実はあまり知らないなどというようにどちらかしかしらないというパターンが多くはないでしょうか?結局結婚式が終わった後も相手がどんな人なのかあまりよくわからなかった。というケースもあるのではないでしょうか?

そこでこのウェディング新聞の出番です。新郎新婦両者のプロフィールや出会いのきっかけなどが書いてあるので、ゲストの皆様にお互いのことを紹介できるんです。

受付の時間より早く着きすぎてしまった方には、待ち時間の間に読んでもらうというのもいいですね。

新聞の種類も「スポーツ新聞」、「英字新聞」の2つのタイプから選べ、どれも本格的なできばえです。

結婚式や二次会でお配りしてもよいですし、出席できなかった方や遠方の友人へのご報告としても喜ばれるアイディアです。

新郎新婦だけでなく、ゲストの方々にも忘れられない素敵な結婚式の演出となるでしょう。

実際に結婚式で使われた方々の声も集めてみました。

〜ウェディング新聞到着しました。素晴らしいできばえで、感動しております。まるで有名人にもなったような気分で、とても気分が良いです。職場の同僚や友人達に見せたときの事を思うと、今からとても楽しみです。〜

〜無事結婚式が終わりました。友人達からは大絶賛でとても楽しい式だったといってもらえました。二人の出会いや、プロポーズの瞬間などを記事にしたので、それがよかったようです。あなたたちらしいアイディアねととても喜んでもらえました。〜

最後に気になるポイントをまとめてみます。
・文書はお客様のほうで書いて頂く方法と、専用のインタビューフォームにご記入いただきそこからウェディング新聞のほうで記事を作成する方法を選べます。

・結婚式まであと1週間しかないという方でも大丈夫です。短納期での対応が可能です。

ユーモアあふれる楽しい結婚式にしたいあなたには、このウェディング新聞はぴったりの演出ですね。

詳細はこちらのページをご覧ください。

マイブック

mybook.JPG

マイブック

マイブックというのは、デジタル写真をインターネットから送ると自分だけのオリジナルの写真集にして届けてくれるというサービスです。専用のソフトを無料ダウンロードして、自分でどう写真を配置するかを細かく編集できるのです。コメントを入れたりもできるのですが、その際の文字の書体や大きさも自分で設定できますし、画像の加工もできるんです。

結婚式の演出ということであれば、二人の思い出の写真をマイブックにして、披露宴開演前の友人や親戚の待機室においておいたり、二次会の際の写真コーナーにおいておいたりという使い方もいいですね。

また、結婚式の後に、カメラマンさんにとってもらった写真のデジタルデータをもらいそれを使って自分達だけのオリジナル写真集をつくってみるのもいいですし、それをお互いの両親へのプレゼントにするというのもいいアイディアだと思います。

というのも結婚式場に併設されている写真スタジオですと、写真集を作ると何十万円にもなりますし、増刷するだけでも数万円かかってしまいます。それに比べてこのマイブックは、高いものでも80ページ約2万円、リーズナブルなタイプですと、10ページでたったの3千円程度で作れてしまうんです。

このくらいの値段ですと、何冊も買えてしまいますので、みんなでとった写真をたくさん入れて、出席してくれた親戚の方々や友人にプレゼントするという使い方もできますよね。

いずれにせよおすすめのプレゼントです。はっきり言って買わない手はないですよ。

詳細はこちらのページをご覧ください。

ウェディングフィギュア・ウェルカムフィギュア

platinum.jpg

ウェディングフィギュア

そっくりミニチュア人形マイフィギュア」

ウェディングフィギュアとは、新郎新婦お二人の写真をもとに世界でたったひとつのフィギュア(10センチくらい)を作ってしまうという演出です。

受付に飾ってウェルカムグッズにするのもよし、ウェディングケーキの上に乗せてみるのもよし、両親へのプレゼントにするのもよし、幅広い演出が可能です。友人の方たちから新郎新婦へのサプライズプレゼントにするのもいいですね。

ユーモアたっぷりのこの演出で、結婚式が盛り上がること間違いありませんよ。(笑)

ここでマイフィギュアを結婚式で使用した先輩カップル達の声を聞いてみましょう。

〜私達と両家の両親のフィギュア計6体を製作しました。彼のフィギュアは私に向かってひざまずいているポーズだったので、彼の友人達の間では「早くも尻にしかれてるな〜」と話題にあがっていました。(笑)入り口に飾っておいたので、みんな気になっていたようですね。〜

〜花束贈呈の際に両親へのプレゼントとして贈りました。新郎のフィギュアは特にそっくりで、びっくりしました。ゲストのみなさんもとても注目していました。自分達のフィギュアなので愛着がわいてきていいですよね。〜

自分達の分だけでなく、両親の分もつくれるんですね。ゲストからの評判も上々のようです。

ここで気になる点について少し補足を…。

・デジカメ写真じゃなくても大丈夫です。注文書と普通のお写真からでも製作できますよ。

・製作時間が1ヶ月〜1.5ヶ月程度かかってしまいます。余裕を持ってお申し込みください。

このアイディアいかがだったでしょうか?ちょっと変わったサプライズ演出としてぴったりですよね。ユーモアとオリジナリティあふれる結婚式をお考えのあなたには、ウェディングフィギュアをどうぞ。

結婚式の演出アイディアをお探しなら

結婚式の演出アイディアをお探しというのなら、こちらのページをご覧ください。

結婚式に必要なアイテムをそろえたセレクトショップです。ここだけで結婚式に必要なアイテムは全てそろってしまうと言ってもいいくらい種類が豊富です。具体的にどんなものがおいてあるかといいますと、まずは式や披露宴でゲストの皆様をお迎えしてくれるウェルカムボード・ウェルカムアニマルです。

ebr00036-spec.jpg

ウェルカムボード・アニマルだけでも80種類以上あります。

続いて席札やネームカードなどのペーパーアイテムです。ひとりひとりにメッセージを贈るという演出もいいですよね。

namecard.jpg

両親へ贈るサプライズプレゼントということでは、両親の名前入りポエムやウェイトドール(新郎新婦が生まれたときの体重と同じ重さの人形)などが人気です。

poem.jpg

panda.jpg

両親へのギフトだけでも50点以上ありますから、一見の価値ありです。

そのほかにも引き出物がカタログ・食器類・ファッショングッズ等で計70点以上、イヤリングやチョーカーなどの花嫁のアクセサリーが約20点ほど、帰りにゲストひとりひとりにお渡しするプチギフトが約40点ほどあります。ここでしか見られないオリジナルのアイテムも多数ですので、ぜひご覧いただければと思います。

詳細はこちらのページをご覧ください。

二次会での演出

結婚式の二次会に昨日参加してきました。幼少のときからの友達ということで結婚式と披露宴からの参加だったのですが、今回は二次会での演出について書いてみます。

まず新郎新婦入場の前に披露宴のときにも使ったプロフィールビデオです。二次会から来る人も多くいたので、その人たちのための演出ですね。

新郎新婦入場の後、乾杯→歓談と続き余興の演出の時間になりました。やった演出はというと、新郎がくじを引き当たった人が即興でスピーチや歌を歌うというものです。

どういうことか説明します。新郎の前にくじ引き用のボックスが三つ並んでいます。一つ目のボックスには二次会の参加者の名前が書いてあるくじが入っています。二つ目のボックスにはスピーチ、歌、モノマネ、一発芸と書いてあるくじが入っています。三つ目のボックスにはDSやアイポッドなどの景品名が書いてあるくじが入っています。新郎が名前と行動のくじをひき当たった人がその行動をし、最後にくじをひいてプレゼントをもらえるという演出なのです。

これは正直なかなかハードルが高かったですね。このアイディアを考えた人はなかなかのものです。スピーチや歌ならともかく、モノマネや一発芸なんて急に言われても出来ないですからね。結婚式の演出でまさかそんな余興があるとはという感じです。私はあたらないようにひたすら祈っていました。(笑) 実際当たってしまった人もサプライズの指名に戸惑っており、はじめるのに時間がかかっていましたし、モノマネや一発芸をしても爆笑をとれたわけではありませんでした。世界のナベアツの3の倍数のときにアホになる芸をやっている人もいましたが、普通に間違っていましたし(笑)

そんな中一人気を吐いていたのが私たちのグループのKくんです。モノマネを当ててしまい、まわりはひやひやしていましたが、見事に森山直太郎の歌を物真似で歌っていました。会場もそれまではざわざわしていましたが、静かになりみんなKくんに注目するような状態。これでこの演出もしっかりまとまりましたね。ちなみに景品はファミコンだったようです。

この演出は結婚式の二次会としては諸刃の剣ですが、友人に芸達者な人が多いのであればこんなのもありなのかもしれませんね。


両親への感謝状

pb_top_lc.gif

ブライダルブック 両親への感謝状

ブライダルブックとは、結婚式で両親に感謝の気持ちを表す時に読む両親への手紙に写真を加えて一冊の本にしてしまうという演出です。

旅立ちの日に両親への感謝の気持ちをこめて読む手紙。一冊一冊手作りで作られている綺麗なブライダルブックにすることで、感動の瞬間をいっそう際立たせます。どうですか?素敵なアイディアだと思いませんか?

手紙をうけとったご両親があとあとまで手紙を保管してくれることを考えても、単に手紙で渡すよりよいですよね。

みんなと一味違った結婚式を演出したいあなたにぴったりではないでしょうか?

気になる体験者の評判も紹介します。

〜本当のところ、ここまで綺麗な本になるとは想像していませんでした。手紙だけでは少しさびしい感じがしていましたし、便箋に書くだけでは保管にも困るのではないかと思っていたので、悩みが解決しました。〜

〜両親はとても喜んでくれていました。参加する結婚式では花束や体重ベアなどが多いので、何か自分らしさをと考えていたので、よかったです。ゲストの方もびっくりしていました。〜

いかがでしょうか?続いて気になる点について少し補足してみます。

・手紙を本にするといってもワープロ文字になるわけではありません。あなたご自身の手書きの文字が本になります。

・長い文章を書くのが苦手という方も大丈夫です。お手ごろな賞状タイプ(A4サイズ)もあります。

・申し込みからブライダルブックがお手元に届くまで一ヶ月程度かかってしまいます。お早めにお申し込みください。

両親にめいっぱいの感謝の気持ちを表したいというあなた、ちょっと違ったサプライズな演出をお考えのあなたにぴったりのあなたは、このブライダルブックで素敵な結婚式を演出してみてはいかがでしょうか?

結婚式演出アイディア集(このサイト)の紹介

結婚式演出アイディア集(このサイト)へようこそ。結婚式演出アイディア集は、結婚式演出のアイデアを紹介するサイトです。

結婚式や披露宴、二次会(2次会)やパーティーを盛り上げる感動サプライズ演出やドライアイスや光、花火を使った演出、結婚式の参加者を楽しませるビデオやムービーを使った映像演出、オリジナル演出や変わった演出やこだわりの演出、アットホームな演出ややってよかった演出やおもしろい演出、その体験談など人気の結婚式演出を紹介していきます。

結婚式で定番の子どもを使った演出やゲーム、ランキング、ゴスペルやプロフィールビデオ、バルーンの演出なども紹介していきます。

また、結婚式の演出に使う小物やアイテム、グッズ、用品、音楽などとその使い方や演出方法についてもお話していくつもりです。

結婚式の入場や退場、中座のときにも演出が必要ですよね。あと、結婚式で演出をするのにはお金がかかります。節約や手作りの演出やその方法とか例についても解説していけるといいですよね。

このように結婚式の演出と言ってもいろいろな種類の演出がありますので、新郎新婦の方々に素敵な結婚式演出を見つけてもらうのはもちろんですが、来賓や友人、友達や上司の方、親戚親族も含めて、みんなが満足してくれるやってよかったなと思える結婚式演出を行っていただきたいと思います。

この結婚式演出アイディア集で見つけた結婚式の演出が、あなたの結婚式を盛り上げることができたなら、これ以上嬉しいことはありません。

結婚式定番演出ランキング

結婚式定番演出人気ランキングということで、今回は結婚式で人気の演出やアイディアをランキング形式で紹介します。今回は定番編、サプライズ編も紹介予定です。

結婚式演出ランキングの第一位は、ブーケトスです。新婦が投げたブーケをキャッチできた独身女性が次に結婚できるという言い伝えがある演出です。階段の上やテラスからというのはまさにドラマみたいですよね。

女性陣全員に長いリボンを渡し、その先の一つにブーケがついていると言う演出や、既に結婚が決まっている女性に指名で渡すという演出もありですよ。

結婚式演出ランキングの第二位は、友人代表によるスピーチです。一番の親友に思い出や新郎(新婦)への祝福の言葉を貰う演出です。やはり一番仲のよい友達からのメッセージということで、感動しますしよね。

第三位の結婚式人気演出は、ケーキカット&ファーストバイトです。初めての共同作業ということで、新郎新婦が二人でウェディングケーキにナイフを入れます。その後お互いがケーキを食べさせあうという演出です。ファーストバイトのときに、わざと大きいケーキを新郎に食べさせて、新郎が困っているのを見守るという演出も笑いが生まれていいかと思います。 

結婚式演出と余興

結婚式演出と余興ということで、今回は余興のアイディアについてお話させていただきます。結婚式の余興と言うのは友人たちによる演出のこととさせていただき、お話を進めさせていただきます。

結婚式でゲストのみなさんに退屈せずに楽しんでもらうには、新郎新婦達の演出だけでなく、友人代表による余興が不可欠です。今回はいろんな種類の余興を紹介します。

結婚式の余興でよくあるのが、歌や楽器の演奏、ダンスなどですよね。友人にバンドをやっていたダンスサークルに入っていたカラオケがめちゃめちゃうまいという方がいたら彼らに頼んでみるのもいいかもしれません。

その場合は、ゲストのみんなも楽しめるようにみんなが知っている結婚式ソングを歌ってもらうのがいいでしょう。歌だと私のおすすめは、コブクロの「永遠にともに」、ケツメイシの「幸せをありがとう」、GReeeeNの「愛唄」女性では安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」、ドリカムの「未来予想図II」、MISIAの「Everything」です。

新郎に楽器経験があるなら、サプライズで共演してもらうというアイディアももりあがりますよ。

また、そのほかの余興ということになると、取扱説明書なんかも良く見られる余興ですね。取扱説明書とは、新郎(新婦)の友人が新郎(新婦)を商品に見立て、新婦(新郎)に紹介するという余興です。笑いをとるための余興ですが、製作者にしかわからないネタばかりで作るとゲストが笑えなくなるので注意です。

感動の結婚式演出

結婚式感動はつきものですよね。ということで今回は、結婚式の感動演出についてお話させていただきます。

感動演出の定番と言えば手紙・スピーチ系ですよね。新婦が両親に向けて読む手紙、友人達が新郎新婦に向けて贈るスピーチです。それ自体は目新しいアイディアではないですが、どちらも結婚式には欠かせない演出ですよね。

新郎(新婦)が新婦(新郎)に向けて楽器を演奏したり歌を歌ったりという演出も感動しますよね。藤原紀香と陣内智則の結婚式では、陣内智則がコブクロの「永遠にともに」をピアノつきで歌いましたよね。ピアノも弾けない、歌も得意ではない陣内さんが、藤原紀香の大好きな曲だからということで、忙しい合間を縫って練習していたのです。歌や演奏の完成度は問題ではなく、大好きな新婦のために一生懸命練習したということが感動のポイントだったと思います。

そうは言っても演奏や歌は恥ずかしいと言う方には、結婚式で手紙を読むという感動演出をおすすめします。私の友人はサプライズで新婦に向けて手紙を読み、結婚指輪を贈りました。婚約指輪にいいものを贈ったので、結婚指輪は贈らないということになっていたようです。新婦にとっては、サプライズの演出です。新婦の感動する姿をみて、会場にもその感動が伝わっていった暖かい演出でした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。